このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. コンピュータプラットフォーム >
  3. サーバ >
  4. 富士通からの環境メッセージ >
  5. 省エネ対策とIT基盤の最適化、どう進めていくか?

富士通からの環境メッセージ その先の環境アプローチが、企業の未来を拓く。省エネ対策とIT基盤の最適化、どう進めていくか?~プロダクトによる投資対節電効果~

企業における環境対策と経営効率の改善。2つのキーワードが同じ方向に向かいはじめています。前回のキーパーソンインタビューを踏まえ、これからの企業の省エネ対策の具体的な展開へ向けて、各製品が有する機能をどう活かしていけるのか。各プロダクト担当者によるディスカッションを通して解説いたします。

省エネ施策を進めるにあたっては、投資対節電効果も念頭に入れて考えていかなくてはなりません。そこで本特集では、今すぐ効果がでる「短期的施策」、一部の変更や機器入れ替えなどにより効果が期待できる「中期的施策」、全体的な刷新で大幅な効果が期待できる「長期的施策」といった大きく3つのフェーズから、どのような施策を講じていくべきなのか、それぞれのフェーズで各プロダクトがどんな効果を発揮できるのかについて、製品担当者が語ります。

短期的施策

まずは現状把握、そしてプロダクトの機能を上手に活用することから

中期的施策

最新技術を随所に活かしたグリーンICTが、企業の省エネ対策をバックアップ

【仮想化・統合 実践事例】