このページの本文へ移動

そこまでやるか!富士通 プラットフォーム編

そこまでやるか!? 富士通やりすぎ?伝説

富士通の匠が語る モノづくりの美学

ちょっとだけ自慢 やりすぎの結果発表!

耳ヨリ! やりすぎ情報

耳ヨリ! やりすぎ情報

耳ヨリ!やりすぎ情報

2018年5月9日

HCIとファイルサーバの連携で仮想デスクトップ環境の運用課題を解決!

PRIMEFLEX for VMware vSANとファイルサーバのETERNUS NR1000 seriesの連携により、大規模VDI環境に優れた運用性とともに、高信頼性や強固なセキュリティを実現するソリューションをご紹介

耳ヨリ!やりすぎ情報

2018年4月24日

【SPARC/Solaris 探検隊】 SPARCサーバのパワーアップ ~ビルディングブロック構成~

ビルディングブロック構成を構築することで、サーバの拡張性を高めるだけでなく、可用性も高めることができます。ぜひご活用を。

耳ヨリ!やりすぎ情報

2018年3月20日

本質博士の仕事塾:第19回 「時間力を高める方法」

マンガで、分かりやすく学んでいきましょう!今回は、時間を最大限に活用する「時間力」について定義し、その適用方法や増進方法を整理します。マンガはダウンロードできます。

耳ヨリ!やりすぎ情報

2018年2月28日

打つべき手はあった!事例に学ぶランサムウェア対策

データを守り、業務停止を回避するポイントを解説。1.OSレベルでの強固な防御2.転ばぬ先のバックアップ3.業務を妨げないリストア計画

耳ヨリ!やりすぎ情報

2018年2月21日

その課題、情くんにおまかせ! - マンガで解決、ITあるある -

オールフラッシュの時代がやってきた!第19話 「ストレージのリプレース時期…コストも運用負荷も下がる方法?そんなうまい話はないよね!?」を解決せよ!

耳ヨリ!やりすぎ情報

2018年2月13日

【HCI 特集記事】「情シス覆面座談会」で見えた“運用管理の闇”

業界や会社によって「情シス」が抱える課題はさまざま。IT部門が今、どんな問題で悩んでいるのかを明らかにするとともに、解決の糸口がどこにあるのかを探ります。

耳ヨリ!やりすぎ情報

2018年1月12日

【ドキュメント提供】 フラッシュストレージの導入選定ガイド・導入事例集

オールフラッシュストレージの導入メリットは処理能力アップだけではありません。複雑な性能設計が不要なこと。バックアップやリビルド時間短縮は勿論、省スペース・省電力など運用コストにも優れます。

耳ヨリ!やりすぎ情報

2017年12月22日

【イベントレポート】 ストレージ活用のキーワードは“オールフラッシュ”+“大容量アーカイブ”

【NetApp Innovation 2018 Tokyo】 これからの時代のビジネスに必要となるデジタルプラットフォームとはどのようなものなのか?富士通の答えとは?

耳ヨリ!やりすぎ情報

2017年12月19日

NASの検証機を貸し出します!ご購入前に安心・納得していただけます。

【無償】NAS製品の導入をご検討されている法人のお客様へ。貸出機は、オールフラッシュ装置からHDD/SSD混在のハイブリッドストレージまで、多様な機種を取り揃えています。

耳ヨリ!やりすぎ情報

2017年11月21日

【SPARC/Solaris 探検隊】 ファンが壊れたらSPARCサーバはどうなるの?

SPARCサーバのような「信頼性」つまり「多少の故障が発生しても、極力稼動し続けること」が求められるサーバでは、電源に限らず様々な部品・機構が冗長化されています。

耳ヨリ!やりすぎ情報

2017年11月15日

最新ストレージ専用OS「ONTAP 9」で進化する ネットワークディスクアレイ

パフォーマンスの大幅な向上はもとより大容量化と高信頼性のバランスのとれた拡張性の実現、ハードウェア資源の効率的な利用など、デジタル化に向かって急速に変化する市場ニーズに応えます。

耳ヨリ!やりすぎ情報

2017年11月14日

【Solaris活用ナビ】 SPARC Servers / Solaris上でHadoopとSparkを使ってみよう(Hadoopクラスタ構成構築編)

Solarisをよく知る技術者が、システム開発や運用にとても便利なツールやオープンソースソフトウェアの活用方法を解説します。

耳ヨリ!やりすぎ情報

2017年8月30日

【ストレージ市場動向】 オールフラッシュアレイの現状を探る

IDCの調査によると、「現在利用中」は16.5%、「1年以内に計画」が17.0%、「2年以内に計画」が11.8%との回答があった。市場は誕生して約4年で急速に成長しています。

耳ヨリ!やりすぎ情報

2017年9月29日

【ストレージ技術用語解説】 1分でマスター!オールフラッシュ ~基礎から実践まで~

【連載第6回】 フラッシュストレージの特長、今後の展望など、手軽に1分間程度で読める連載記事を月2回程度でお届します。ご期待ください。

耳ヨリ!やりすぎ情報

2017年4月18日

Solarisを使ってみよう(後編) ~パッケージのインストールをなかったことに~

SolarisにはOSの環境を簡単に元に戻せる、Boot Environment と呼ばれる非常に便利な機能があります。パッケージや様々な設定などが異なるOS環境をまとめて保存しておけるのです。

耳ヨリ!やりすぎ情報

2017年2月7日

Solarisを使ってみよう(前編) ~パッケージの仕組みとインストール~

Solarisの操作は基本的にコマンドラインで実行します。パッケージの操作に関しては非常に簡単です。実は、SolarisのGUI環境でも、簡単にインストールできます。

耳ヨリ!やりすぎ情報

2017年2月3日

基幹データベースをPostgreSQLに移行!?その意外な理由とは?

商用データベースとの互換性を保つためにベンダーが独自に実装した部分は、ブラックボックスになるので、オープン性は損なわれると考えるべきでしょう。結局はまた別のベンダーにロックインされてしまう。

耳ヨリ!やりすぎ情報

2016年8月9日

データベース運用管理の「4つの悩み」に迫る

データベースには「コスト」「運用」「統合」「パフォーマンス」という“4大課題”がつきまとう。性能の向上と運用管理の効率化を、コストパフォーマンスを高めて実現する方法はないだろうか?

耳ヨリ!やりすぎ情報

2016年7月28日

ストレージ市場動向:非構造化データ管理の課題と解決策

非構造化データは、メール、文書、画像、動画、音声のほか、バックアップ/レプリケーションデータなどが含まれます。市場調査から、多くの企業が増加するデータの対応に苦慮していることが推察されます。

耳ヨリ!やりすぎ情報

2016年7月26日

【検証サービス】 システム導入前に動作・性能を徹底検証!

システムの導入効果を事前にご確認いただけます。仮想化やシステム統合、ハイブリッドクラウドの検証をはじめ、リモート接続によるお客様先からの検証などさまざまなご要望にお応えします。

耳ヨリ!やりすぎ情報

2016年4月27日

「もっと!」に応える! 最適化と運用効率化を促すプラグイン活用のススメ

存在があまり知られていないプラグイン。実は無償で配布されているものも多く、サーバOSや仮想化環境などで、最適化して信頼性を向上させたり、ストレージ機能の効果的な利用に役立つ技術です。

耳ヨリ!やりすぎ情報

2016年3月28日

ストレージ技術用語解説:分散ストレージソフトウェア Ceph(セフ)とは

Cephはオープンソースのソフトウェアです。タコなどの頭足類を意味するcephalopodからCephと名付けられました。タコの足が同時並行的に動作する様子を示唆していると言われています。

耳ヨリ!やりすぎ情報

2016年2月12日

情報セキュリティ特集:標的型メール攻撃と内部不正に迅速に対応するための具体策とは

対策のポイントは、感染端末の早期検知・対処、端末被害状況の把握・対処、重要データの管理強化の三つです。これらをクリアすることが重要です。

耳ヨリ!やりすぎ情報

2016年1月28日

性能維持:安定したパフォーマンスを保つ、ストレージの技術

ストレージ統合環境では、ひとつのアプリケーションから高い負荷がかかるとリソースを十分に確保できず、全体のパフォーマンスが著しく低下することがあります。それを防ぐ、様々な技術をご紹介します。

耳ヨリ!やりすぎ情報

2015年11月6日

市場動向:ストレージ容量の増加理由に見るセカンダリーストレージの重要性

保有するすべてのデータを同等に扱っていては、業務に支障をきたす性能悪化を招いたり、逆に過度な投資になる可能性もあります。 ストレージ容量増加の背景にある企業活動の変化を考察します。

耳ヨリ!やりすぎ情報

2015年10月14日

市場動向:大規模災害や広域災害に備えるストレージの災害対策

災害対策と言っても、レベルは様々です。企業では、どのような対策を重視しているのだろうか?また、導入に際しての課題は?IDCの調査レポートを基に考察します。

耳ヨリ!やりすぎ情報

2015年6月29日

技術解説:ストレージ専用OS「clustered Data ONTAP」とは

優れた拡張性とダウンタイムを最小とした運用を可能としているのが大きな特長です。メンテナンス作業時もシステムを停止する必要がないことから、運用管理者の負担を大幅に軽減できます。

耳ヨリ!やりすぎ情報

2015年5月25日

大容量データをテープで手軽に管理できる最新技術 LTFS(Linear Tape File System)

現在、データ量は爆発的に増加しています。しかし、データ増加に対応するためにはハードウェアはもちろん、運用管理に至るまでのコスト増が避けられません。こうした手間も時間もかかる課題を解決するのが「LTFS」です。

耳ヨリ!やりすぎ情報

2015年4月20日

クラウド環境構築の必須アイテム!オープンソースソフトウェアの活用

プライベートクラウドを構築するために、OpenStack対応を選択するユーザーが増えています。かつては非常に困難だったクラウドの乗換えや、異なるクラウド同士の連携利用を可能にするOSSをご紹介。

耳ヨリ!やりすぎ情報

2015年4月20日

市場動向:クラウド基盤で求められるストレージ要件とは

今後も普及が進むプライベートクラウド環境に求められるストレージとはどういったものか?
企業ユーザーが、重視している条件や注目している技術をIDCの調査レポートを基に解説します。

耳ヨリ!やりすぎ情報

2015年3月18日

ストレージ技術解説:バックアップ、レプリケーション、アーカイブの相違点

データ保全の代表的な手法を解説。目的が異なるため、それぞれ特徴が違います。
企業のデータ保全対策では、目的に応じて最適な手法を選択することが大事です。

耳ヨリ!やりすぎ情報

2015年3月13日

市場動向:データ長期保存の実態から考えるアーカイブシステムの導入意義

IDC調査の「アーカイブの課題」によると、課題の上位は「アーカイブすべきデータの増大」「運用/管理コストの増加」「ハードウェアコストの増加」となっており、バックアップと同様の課題が出てきています。

耳ヨリ!やりすぎ情報

2015年2月19日

災害対策は万全ですか?信頼性の大前提は「データを守ること」

ICTシステムの災害対策では、大切な企業データを保管するストレージを最優先に考えることが重要です。具体的対策に向けて、まずすべきことは何でしょうか。最新技術や取り組み例を挙げて解説します。

耳ヨリ!やりすぎ情報

2015年1月20日

いま注目のVDI(デスクトップ仮想化)にとって重要なこと

それはストレージです。 VDIの導入にあたっては、リソース集中に対して考慮すべき事項が数多くあります。VDIの課題と解決方法とともに、最新技術に関する記事をご紹介します。

耳ヨリ!やりすぎ情報

2014年12月22日

技術解説「オブジェクトストレージ」とは

オブジェクトストレージはデータを「オブジェクト」という単位で扱う記憶装置です。ディレクトリ構造で管理するファイルストレージとは異なり、データサイズやデータ数の保存制限がないため、大容量データの保存に適しています。

耳ヨリ!やりすぎ情報

2014年12月8日

すべての効率化はエコ

「初期投資の削減」「運用費用の削減」「事業継続性の確保」をIT投資の3つの課題ととらえ、課題解決に向けたIT機器選択時の考え方を例を挙げてご紹介します。さらに、データセンターを上手に活用することで、全体の運用コスト削減が期待できます。

耳ヨリ!やりすぎ情報

2014年10月14日

市場動向レポート:進展するVDI(デスクトップ仮想化)におけるストレージ選定

VDIはBCPやワークスタイル変革のソリューションとしての注目も高まり、小規模企業でも検討が進みつつあります。一方で、導入後にI/O負荷の問題に直面する企業が多いことが調査結果でわかりました。

耳ヨリ!やりすぎ情報

2014年9月29日

ストレージ技術解説:RAIDの高速リビルドとは- 時間短縮と容量の効率化を両立

近年、データ量急増によりディスク故障時にリビルド状態が長期化することが問題です。リビルド時間の短縮を図る解決策として注目を集めているのがRAIDの高速リビルドです。

耳ヨリ!やりすぎ情報

2014年9月11日

市場動向:ストレージ投資と新技術導入の進展~ 新技術の組み合わせがカギとなる第3のプラットフォームの時代~

クラウド、ビッグデータ、モビリティ、ソーシャルの時代は、企業の「資産」であるデータを管理するフレームワークの構築が求められます。

耳ヨリ!やりすぎ情報

2014年5月23日

ストレージ技術解説:VDI(デスクトップ仮想化)では、ストレージ設計が重要

VDI環境では、I/O性能がユーザーの使用感に直接影響します。そのため、ストレージ設計を注意深く行わなければ、VDIパフォーマンスのボトルネックになりかねません。

耳ヨリ!やりすぎ情報

2014年4月7日

ストレージ技術解説:ユニファイドストレージとは

特徴の異なるデータを効率的に保存・管理するために、SAN対応ストレージとNASの両方を利用したいというニーズが高まってきました。そのニーズに応えるのがユニファイドストレージです。