このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. コンピュータプラットフォーム >
  3. サーバ >
  4. そこまでやるか!富士通

そこまでやるか!富士通 プラットフォーム編

そこまでやるか!? 富士通やりすぎ?伝説

富士通の匠が語る モノづくりの美学

ちょっとだけ自慢 やりすぎの結果発表!

耳ヨリ! やりすぎ情報

そこやる!ニュース&トピックス

イチオシのそこやる!

モノづくりの美学 New

2017年3月3日

オールフラッシュアレイで得られる真の価値

SSDの低価格化を背景に、2016年はさしずめ「オールフラッシュ元年」と呼べるほど、製品が一気に身近なものになってきました。そんな中、富士通が満を持してリリースしたオールフラッシュアレイ製品は、企業のどんな課題やニーズに応えてくれるものなのか。実際のモデルケースを挙げながら説明いたします。

注目のそこやる!

導入事例

2017年2月15日

予備システムボードによるハードウェアの冗長化で可用性向上とTCO削減を両立

【西日本プラント工業株式会社 様】「クラスタソフトウェアや仮想化ソフトウェアで冗長性を実現する方法では、ハードウェアとソフトウェアの両方で原因究明が必要となり、運用が複雑になります」

導入事例 New

2017年3月17日

サーバ統合監視システムを全体最適化 - 煩雑化とバージョン依存を一気に解消

【JXアイティソリューション株式会社 様】 同社では、グループ各社のサーバ約600台を監視。サーバはさまざまなベンダーの製品およびOSが混在。従来の監視システムはいくつか課題を抱えていました。

やりすぎの結果発表 New

2017年3月21日

2016年国内UNIXサーバ市場でシェアNo.1

富士通は、IT専門調査会社「IDC」が実施した「Worldwide Quarterly Server Tracker CY2016Q4」の出荷台数において、2016年通年で首位を獲得しました。

やりすぎ伝説

2017年2月24日

【新製品】 オールフラッシュのエントリーモデル - 初めてSSDを使ってみたい方へ

2Uの筐体に15TBのSSDを搭載。エントリーモデルでありながら、従来のミッドレンジモデル相当の性能を実現。cluster拡張も見据えたスモールスタートのベストプラクティスとしてご提案します。

やりすぎの結果発表

2017年3月6日

【ストレージ】 日経コンピュータ パートナー満足度調査 2017

日経コンピュータ 2017年2月2日号(日経BP社発行)にて発表されました「日経コンピュータ パートナー満足度調査 2017 ストレージ部門」で富士通が首位を獲得しました。

やりすぎ伝説 New

2017年3月9日

富士通の仮想化はここがすごい!富士通のHCIとは

国内唯一の日本製ハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)です。必要なリソースやご予算に応じて柔軟な構成が選択可能。専用ソフトによる、分かりやす さを追求した管理機能も特長です。