このページの本文へ移動

池田記念室



故池田敏雄は、コンピュータの国産化を強力に推し進め、富士通のコンピュータ事業と日本のコンピュータ業界の発展に大きく貢献しました。
池田記念室は、池田の功績を記念して、1976年(昭和51年)に富士通沼津工場内に開設されました。


池田敏雄プロフィール

1923年(大正12年) 東京都墨田区両国にて誕生
1946年(昭和21年) 東京工業大学電気工学科卒業
富士通信機製造(株)に入社
1961年(昭和36年) 工学博士
1970年(昭和45年) 恩賜発明賞、富士通(株)取締役
1971年(昭和46年) 紫綬褒章
1972年(昭和47年) 常務取締役
1974年(昭和49年) 逝去、正五位
勲三等瑞宝章、専務取締役

池田は、豊かな発想と独創性を持つまさに天才でした。加えて、その明朗かつ大らかな人柄が接するすべての人々を魅了し、卓越した指導力でFACOM(富士通の初期のコンピュータのブランド)を大きく飛躍させると共に、日本のコンピュータ史にも多くの足跡を残しました。
若き日の池田は、寝食を忘れてコンピュータ開発に取り組みました。FACOM開発の初期は「震えるほどの感動と緊迫感と楽しさの時代」だったとのことです。


池田記念室展示品

  • エントランス
  • 池田敏雄ゾーン
  • リレー式コンピュータゾーン(FACOM128B)
  • テクノロジーの変遷ゾーン

池田敏雄ものがたり

天馬空を行くがごとく生きた男
池田敏雄~国産コンピュータに賭けた天才の軌跡~


関連書籍・テレビ番組

池田敏雄の功績は書籍やテレビ番組で紹介され、大きな反響を呼びました。
・日本コンピュータの黎明~富士通・池田敏雄の生と死~
・アメリカに勝った男!~激動の生涯~
・プロジェクトX挑戦者たち~国産コンピュータゼロからの大逆転~


池田記念室見学のご案内

見学をご希望の方は、事前にお申し込みください。
見学対象:中学生以上
館:月曜~金曜(祝日を除く)の9時~16時


富士通リレー式計算機

富士通リレー式計算機 技術継承プロジェクト