このページの本文へ移動

高齢者と社会をつなぎ、在宅ケアの仕組みを変える(後編)

高齢者と社会をつなぎ、在宅ケアの仕組みを変える

関連カテゴリ:
クラウド・コンピューティング

高齢先進国モデル構想の実現をめざし、祐ホームクリニックの武藤真祐理事長と富士通は、高齢者の在宅ケアを支援するクラウドサービスを共同開発した。このサービスは、医師がより多くの時間をかけて患者と向き合えるようにするほか、在宅医療や介護にあたる医師や薬剤師、訪問看護師、ケアマネジャー、ヘルパーなどのチームワークを支援するものである。武藤氏の人生をかけたテーマは、1人ひとりの市民が社会とつながり、互いに支え合う地域コミュニティを作ること。今回共同開発したクラウドサービスは、武藤氏が描く理想の社会実現に向けた第一歩といえる。今後も富士通は、理想に向かって前進を続ける武藤氏を、ICTの側面から全面的に支援していく。

在宅医療の現場の“質”を高め、医療と介護の連携を強化

武藤氏と富士通が共同開発した高齢者ケアクラウドサービスは、「在宅医療支援SaaS」と「在宅チームケアSaaS」などのシステムで構成され、既に祐ホームクリニックの本院と石巻市の分院で稼働している。このうち、前者の在宅医療支援SaaSは、在宅医療現場の“質”を高め、医療従事者と患者が向き合う時間を最大化することを実現する。

高齢者を皆で支えあう社会へICTで貢献

より多くの時間、医師が患者と向き合うために

例えば病院であれば、患者は決まった病室の決まったベッドにいるため、医師は比較的短時間で患者と接することができる。しかし、在宅医療ではそうはいかない。担当する患者が数十人以上になると、1人ひとりの患者宅の住所把握や往診ルートの設定も煩雑となる。さらに、在宅医療の場合は深夜に、緊急で往診しなければならないこともある。なれない地区で新患などが入った場合、住所だけで、すぐに患者宅にたどりつくのに時間がかかる可能性がある。

在宅医療支援SaaSは、こうした課題を解決できる。例えば、カーナビゲーションシステムやスマートフォンを活用し、クリニックから患者宅まで自動車で行く際のルート、自動車を止めることができる場所、そこから患者宅まで歩く道順、そして、患者宅のどの扉を開けるかまで分かるようになっている。「訪問する医師たちが、容易に確実に患者さんの自宅にたどり着くことができることを重視しました」と武藤氏は言う。また、患者宅を訪問する医師やスタッフに、「今日、採血を行ってください」といった医師間の申し送りや、「新しい保険証のコピーを取って来てください」といった事務局からの要請事項などを、確実に伝え、再訪問などによる患者側の負担を低減できる。

その結果、医師と患者の信頼関係を強め、在宅医療の質を大きく向上できると、武藤氏は考えている。「医療を提供する側の意思疎通の行き違いや、患者さん宅で予期せぬ対応に時間を使うことが少なくなり、医師はより多くの時間をかけて、患者さんやご家族と向き合うことができるようになりました」と言う。

在宅医療支援SaaS

専門スタッフがチームを組んで1人の患者を見守る

一方、高齢者を対象とした在宅ケアは、医師を中心とした在宅医療だけではない。医師のほかに訪問看護師や薬剤師、ケアマネジャー、ホームヘルパーなど、多くの専門職がチームを組んで、1人の患者を見守っていく体制を作る必要がある。

そのためには、様々なスタッフ同士がいつに訪問しているかを把握し、効率的な訪問スケジュールを組まなければならない。また、患者の血圧、体温、脈拍数、便の状況、食欲などの身体情報をチーム全員で共有し、患者の病状や体調にあわせて臨機応変に役割分担を行い、機動的に対処することも求められる。こうした多職種間の有機的な活動を支えるのが、もう1つのシステム「在宅チームケアSaaS」である。

例えば、以下の様な連携の仕組みだ。ヘルパーが患者宅を訪問して「患者さんが適切に薬を飲めていないようで、今日薬がなくなってしまいます」といった情報をクラウド上の掲示板・伝言板に書き込む。メッセージを見た医師が、患者宅へ臨時の訪問。診察の上、処方を行う。そして、薬剤師が薬を調剤して、患者宅へ訪問し、薬を届けるとともに、適切な服薬指導を行う。その結果を、薬剤師が「新しい薬をきちんと届けました」と書き込むと、その情報は医師だけでなく、ケアマネジャーやヘルパーまで、チーム全員にフィードバックされて共有される。

これまでも在宅医療・介護の現場では、医師と介護スタッフの連携を深めるための多くの努力が行われてきた。しかし介護スタッフにとって、医師に直接電話をかけて何かを依頼することには心理的な“見えない壁”があり、躊躇してしまうケースが多い。

これに対してクラウドシステムへの入力であれば、過度に遠慮することなく職種の垣根を越えて情報を共有でき、在宅医療・介護の現場におけるチームワークが強化されるだろう。「実際に石巻市で訪問介護を行っている方から、『情報連携のおかげで、本当の意味でのチームができました』という声をいただいています」と武藤氏は言う。

在宅チームケアネットワーク「在宅チームケアSaaS」

ページを移動

  • 1
  • 2

次へ





新製品やサービス、無料セミナー、イベント情報が満載の無料メールマガジン「富士通 BizNews」のお申し込みはこちらから。

富士通 BizNews お申し込みはこちら!

ソリューション・製品および本サイトに関するお問い合わせ/ご意見・ご要望

Webでのお問い合わせ

お問い合わせ ご意見・ご要望

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)