このページの本文へ移動

「高齢先進国モデル」の実現に挑む!

スペシャルコンテンツ 「高齢先進国モデル」の実現に挑む!高齢者を皆で支え合う社会へICTで貢献
関連カテゴリ:
クラウド・コンピューティング

目前に迫った“超高齢社会”。その到来を見据えて、日本では、在宅医療を中心として、ICTを活用した高齢者の包括的な生活支援プラットフォームの構築をめざし、官民が結集した「高齢先進国モデル構想会議」が発足した。この中で、代表理事として先導的な役割を担っているのが、在宅医療専門の「医療法人社団 鉄祐会 祐ホームクリニック」(以下、祐ホームクリニック)の武藤真祐理事長である。富士通は武藤氏の高い志に強く賛同し、医師が患者の治療に専念できるようにする「在宅医療支援SaaS」と、医療・介護の情報連携により多職種協働を支援する「在宅チームケアSaaS」の構築を推進。高齢者一人ひとりと社会がつながるプラットフォームづくりを、ICTの分野から支援している。

記事を読む

プロフィール

武藤 真祐(むとう・しんすけ)
医療法人社団 鉄祐会 祐ホームクリニック 理事長・院長
一般社団法人 高齢先進国モデル構想会議 代表理事
医学博士、認定内科医、循環器専門医、米国医師資格試験合格、米国公認会計士、MBA。

1996年東京大学医学部卒業。2002年東京大学大学院医学系研究科博士課程修了。
循環器内科、救急医療に従事後、宮内庁で侍医を務める。
その後、マッキンゼー・アンド・カンパニーを経て、2010年1月、東京都文京区に在宅医療診療所。祐ホームクリニックを開設。2011年1月には、高齢者を包括的に支援する社会プラットフォーム創りのためのコンソーシアム一般社団法人 高齢先進国モデル構想会議を発足。
2011年9月には東日本大震災で甚大な被害を受けた宮城県石巻市に祐ホームクリニック石巻を開設。さらに、被災住民支援団体の石巻医療圏 健康・生活復興協議会を立ち上げる。
祐ホームクリニック URL:http://www.you-homeclinic.or.jp/




新製品やサービス、無料セミナー、イベント情報が満載の無料メールマガジン「富士通 BizNews」のお申し込みはこちらから。

富士通 BizNews お申し込みはこちら!

ソリューション・製品および本サイトに関するお問い合わせ/ご意見・ご要望

Webでのお問い合わせ

お問い合わせ ご意見・ご要望

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)