このページの本文へ移動

スクウェア・エニックス様

スクウェア・エニックス with 富士通 ワークスタイル変革を実現する、次世代コミュニケーション基盤

関連カテゴリ:
コスト削減 グローバル展開

この事例紹介記事をダウンロード [PDF形式/671KB]

株式会社スクウェア・エニックス本社の写真

「最高の『物語』を提供することで、世界中の人々の幸福に貢献する」という理念のもと、世界最高のエンタテインメントコンテンツ/サービスの創造に取り組むスクウェア・エニックス・グループ様。時代の移り変わりによる市場の変化やグローバル化の進展とともに、社内外での円滑なコミュニケーション、新たなワークスタイルの確立が課題となっていた。そこで、本社移転を契機に、富士通が実践の中で培った次世代コミュニケーション基盤を採用。ゲーム開発部門から営業部門まで、社内全体のクリエイティビティを高め、生産性を向上させる基盤として活用されている。

課題と効果 1プロジェクト内や事業グループ間でのコミュニケーション 音声やメッセージなどを統合する基盤の確立 [コミュニケーションの向上] 2クリエイティビティを向上させるワークスタイルへの変革 統合コミュニケーションの実現 [最適なワークスタイル環境の確立] 3グローバルコミュニケーション展開 拡大する海外の拠点との連携をスムーズに [グローバル化への対応]

導入の背景

開発スタイルの変化の中で高まるコミュニケーションの重要性

日本を中心に世界中でエンタテインメントコンテンツやサービスを展開するスクウェア・エニックス・グループ。家庭用ゲーム機やスマートフォン、ケータイなどのゲームを提供するデジタルエンタテインメント事業、ゲームセンターなどのアミューズメント施設向けのゲーム機制作などのアミューズメント事業、コミック雑誌や単行本、ゲーム攻略本などゲーム関連書籍の出版を担う出版事業、二次的著作物の企画・制作・販売やライセンスの管理などを行うライツ・プロパティ等事業の、4つの領域で事業を展開している。現在、事業の中心となっているデジタルエンタテインメントの領域では、大型オンラインゲームやソーシャルゲームといったネットワークを利用したゲームの提供に注力している。

株式会社スクウェア・エニックス 総務部長 岡田 大士郎氏の写真
株式会社スクウェア・エニックス
総務部長
岡田 大士郎

スクウェア・エニックス 総務部長の岡田大士郎氏は、「ゲーム開発においては、プログラム、映像、音楽、ネットワークなど、1タイトルのゲーム開発に多岐にわたる分野の人材が関わっています。少数チームで制作するものから、数百人規模のスタッフを必要とする大きなタイトルもあります。さらに、マーケティング部門、社外のスタッフ、関係会社、海外の企業との連携もあり、コミュニケーションの重要性は高まる一方です」と、ゲーム開発におけるワークスタイルが、ネットワーク化、グローバル化に伴い大きく変化していると指摘する。

さらに、ネットワークを活用したコンテンツにおいては、ユーザーの意見や要望を聞き、それをゲームの内容やサービスに即座に反映させるというスピード感の重要性がさらに増しており、そのためにも開発・運営チームのコミュニケーションの向上は急務となっていた。同社の開発現場では従来、集中して作業をできるように個人ブース型の座席が各社員に用意されていたが、ゲーム開発のスタイルが変化し、チーム内、部門間のコラボレーションがより求められる中では、逆にコミュニケーション不足という課題が浮かび上がってきた。

こうした課題の解決のために、同社ではさまざまなコミュニケーション向上のための施策を検討。2012年の本社移転に合わせ、電話を含むコミュニケーション環境の刷新を決断した。

導入のポイント

ワークスタイル変革を実現するコミュニケーション基盤

株式会社スクウェア・エニックス 総務部 オフィスサービス/ファシリティ チーフ 小谷 克仁氏の写真
株式会社スクウェア・エニックス
総務部
オフィスサービス/ファシリティ
チーフ
小谷 克仁

「今回のコミュニケーション基盤の刷新は、従業員のクリエイティビティを引き出すことを目標としています。そこで、統合コミュニケーションを活用し、新たなワークスタイルを創出する、という観点で検討を開始しました」とスクウェア・エニックス 総務部 オフィスサービス/ファシリティ チーフの小谷克仁氏は、コミュニケーション環境の再構築における狙いを語る。

本社移転のグランドオープンまで1年という短い期間の中で進められた新しいコミュニケーション基盤の構築。そこでポイントとなったのは、単に老朽化したPBX(構内交換機)のリプレースにはとどまらず、プレゼンス管理やインスタントメッセージ、ビデオ会議といったツール類も統合したコミュニケーション基盤の確立、さらにはグローバル化にも対応できる環境をいかに作るかという点だ。基盤の構築パートナーには、同社のワークスタイルを分析し、最適な活用方法を提案することが求められた。

スクウェア・エニックス 情報システム部 マネージャーの森竜也氏は「音声システム単体では強いベンダーはたくさんいますが、ネットワークの下位レイヤから上位レイヤまで一貫して1つのシステムとして提供できるベンダーはなかなかいません。今回のコミュニケーション基盤の構築においては、ネットワークの設計・構築と音声システムの設計・構築までワンストップで対応できる点も重要なポイントでした」と語る。

情報システム部と総務部のメンバーでプロジェクトチームが結成され、約1ヵ月を超えるワークショップを行い、社員一人一人の働き方を考え、各人に最適なコミュニケーションスタイルを検討した。

小谷氏は「富士通の提案は、特に現状課題の分析と整理、新しい活用方法の提案について光るものがありました。我々もコミュニケーションツールの使いこなしは初めてですので、異なる働き方に応じた新たな使いこなしなども提案していただき、役立ちました」と富士通の提案を評価する。

スクウェア・エニックス 情報システム部 マネージャーの小川洋一氏は「富士通では、すでに同様のコミュニケーション基盤が稼働しているということで、導入・運用に関する多くの知見を持っているということも採用の大きなポイントでした。トラブル事例や構築・運用のノウハウは大変役立ちましたし、提供イメージが分かりやすく理解できました」と語る。

導入から構築まで

高速な次世代ネットワーク上に新たなコミュニケーション基盤を構築

今回、スクウェア・エニックスが導入したのは、富士通のリファレンスであるグローバルコミュニケーション基盤をベースとした、富士通統合コミュニケーションサービスだ。本サービスは、Cisco SystemsのVoice and Unified Communications商品群と富士通のコミュニケーション商品を融合して提供しているサービスである。このサービスにMicrosoft製品「Lync」を組み合わせ、次世代コミュニケーション基盤の構築を実現した。机上のPCでプレゼンス表示を行い、容易に相手とメッセージのやりとりやビデオ会議を行う環境を整備し、音声コミュニケーションについてはそれぞれの働き方に合わせ、たとえば開発部門ではソフトフォン、電話応対の多い部署ではIPフォン、他にも携帯電話、PHSといったデバイスの選択を可能とした。富士通の統合コミュニケーションサービスと、Microsoft製品を最適に組み合わせたハイブリッド構成とすることで、さまざまなワークスタイルに適した、高度なコミュニケーション環境を実現する。

株式会社スクウェア・エニックス 情報システム部 マネージャー 森 竜也氏の写真
株式会社スクウェア・エニックス
情報システム部
マネージャー
森 竜也

「構築にあたっては、想定外の出来事もたくさんありましたが、トラブルやバグについては技術的にきっちり解決してもらいました。また、構築の最中に多くの追加リクエストも出てきましたが、富士通には柔軟に対応してもらい、最終的にはスケジュール通りに基盤の構築は完了しました」と森氏は評価する。

ネットワークの切り替えは、富士通のラボによる検証作業を経て、2012年8月の移転スタートに合わせて一斉に実施。森氏は「切り替えが失敗していたら、本社移転そのものができないという重要なフェーズでしたが、蓋を開けたら非常にスムーズにいきました」と語る。

2012年10月、予定通りに新本社はグランドオープンを迎え、新たなコミュニケーション基盤も順調に稼働を開始した。

導入の効果と今後の課題

始まるワークスタイルの変革/今後はグローバル化も推進

新コミュニケーション基盤は順調に稼働し続けている。各種ツールを統合し、統一コミュニケーション基盤となった効果は、単にコミュニケーションの向上にとどまらない。

「稼働後まだそれほど経過していませんが」と前置きしつつも「ワークスタイル変革への効果は徐々に現れてきています」と小谷氏は言う。

PCのない場所でも、カメラとディスプレイのついたIPフォンの導入により、相手の顔を見ながらのコミュニケーションが手軽に行えるようになった。スピーカーフォン機能を利用して、複数で集まった打ち合わせ等でコミュニケーション効率の改善に大きな効果をあげている。IPフォンはLANケーブルに接続するだけでどこでも利用可能だ。「電話会議についてはニーズが非常に高く、従来も専用機器の貸し出しで対応していましたが、今回の新基盤では特別な機器を使わずにどの電話機からでも行えるようになった点が好評です」と小谷氏。国内の他拠点からも早く設置して欲しいという要望があがっていると言う。

アイデアが浮かんだときに、プレゼンス機能を利用して相手の在席確認を行い、そこからチャットで連絡を取ったり、ビデオ会議を開始したり、また、PC上でのドラッグ&ドロップで簡単に電話をかけられるようになり、すぐに意見交換ができると多くの社員に活用されている。ソーシャルネットワーク的な面白さを感じるという社員も多い。

小谷氏は「ボイスメール機能や自動応答機能の導入によって、不在時にも個人宛てにメッセージを残すことができ、電話取り次ぎ業務の負荷が軽減されたということもあります。現場からは本来の仕事に注力できると、喜びの声があがっています」と笑顔を見せる。

移転後はオフィスレイアウトもユニバーサルデザインとなり、そこにこれらツール群を組み合わせた統合コミュニケーション基盤が融合することで、どこにいても素早く、手軽に、適切なコミュニケーションが取れるようになった。すでにゲーム開発の現場では、アイデアやスケジュールなどの共有、意識合わせといった場面で、円滑なコミュニケーションが実現し始めており、それがクリエイティビティの向上、さらにゲームの品質向上に繋がる日も遠くない。

あわせて、運用工数の削減も実現した。コミュニケーションツール群のクラウド化ということで、設備の運用保守に関する工数を削減。また、今回の導入では音声コミュニケーションの見直しによって、従業員のワークスタイルに適したデバイスを導入し、ハード電話機の数は従来の3割程度削減した。さらに、携帯電話の内線化の仕組みであるFMC(注1)を導入して、特に外回りの多い営業部門でよりスピーディで円滑なコミュニケーションを実現し、コストについても同様の削減が見込まれている。

統一のコミュニケーション基盤となったことで、システムとしての重要性は一層高まったが、システムの堅牢性についても万全だ。WAN障害時の復活機能、停電時の切り替え機能、他のレガシーPBX拠点との接続仲介など、幾重にも対策を施し、安心安全なコミュニケーションを実現している。もちろん、運用に関しては、富士通LCMサービスセンターが、ワンストップによる設備の運用・管理を24時間365日実施し、システムの安定運用を支援する。

同社では今後、国内の他拠点、北米や欧州などの拠点も含めたグローバルのコミュニケーション基盤を整備し、グローバル化に対応した新たなワークスタイルへの変革を進めていく予定だ。

株式会社スクウェア・エニックス 情報システム部 マネージャー 小川 洋一氏の写真
株式会社スクウェア・エニックス
情報システム部
マネージャー
小川 洋一

「今後は、外部とのコミュニケーションを伸ばしていく、特にグローバルなコミュニケーションを充実させていきたいと考えています」と小川氏はこれからの期待を語る。富士通は総合SIerとして、コミュニケーション分野だけでなく、世界約190ヵ国で展開するネットワークサービスをはじめ、データセンターや運用、サービスデスクなども含め、幅広いサービスを提供している。北米、欧州、中国・アジアパシフィックに拠点を持つスクウェア・エニックスがグローバルコミュニケーションを推進していくにあたり、それらのノウハウや知見を生かした提案なども期待しているという。

富士通の「統合コミュニケーションサービス」導入により、クリエイティビティを向上させるワークスタイル変革に取り組むスクウェア・エニックス。これを基盤として、さらにクオリティの高いコンテンツやサービスを創造、展開していく。

統合コミュニケーションサービス

電話、モバイル端末、テレビ会議、Web会議、ボイスメールなどを統合したコミュニケーション基盤を、富士通のデータセンターからネットワーク経由でご提供するサービスです。

  • データセンター側で24時間365日の運用サポートを実施。コスト削減と運用負担の軽減を実現します。
  • マルチキャリア通信サービス網「FENICS」をご利用いただけば、お客様の要件に合わせてネットワークを最適化。ワンストップ対応でお応えします。

統合コミュニケーションサービス活用事例

【株式会社スクウェア・エニックス様 概要】
本社所在地 東京都新宿区新宿6丁目27番30号 新宿イーストサイドスクエア
代表取締役 和田 洋一
設立 2008年10月1日
資本金 15億円(2012年3月31日現在)
従業員数 1,697人(単体、2012年3月31日現在)
ホームページ 株式会社スクウェア・エニックス新規ウィンドウが開きます

注記

(注1)FMC(Fixed Mobile Convergence):
固定通信と移動体通信が融合した通信サービス形態

[2013年4月16日公開]

関連リンク

ソリューション&サービス




新製品やサービス、無料セミナー、イベント情報が満載の無料メールマガジン「富士通 BizNews」のお申し込みはこちらから。

富士通 BizNews お申し込みはこちら!

ソリューション・製品および本サイトに関するお問い合わせ/ご意見・ご要望

Webでのお問い合わせ

お問い合わせ ご意見・ご要望

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

本事例中に記載の肩書きや数値、固有名詞等は掲載日現在のものであり、このページの閲覧時には変更されている可能性があることをご了承ください。