このページの本文へ移動

富士通研究所

Japan

  1. ホーム >
  2. 技術情報 >
  3. やさしい技術講座 >
  4. 講座一覧 >
  5. 光通信技術 小話(空はなぜ青くて、夕焼けはなぜ赤いのかな)

小話(空はなぜ青くて、夕焼けはなぜ赤いのかな)

空はなぜ青くて、夕焼けはなぜ赤いのかな

空がなぜ青く見えるのか、考えた事はありますか?
空が青いのにはちゃんと理由があります。光は波長によって、色が違います。(波長のお話は、この文章をクリックしてください) 太陽光は、地球の空気層(大気圏)に入ると空気中のチリ(分子)にぶつかり、光の向きがかわります。つまり、波長の短いもの(赤よりも青の方が波長が短い)は、それだけチリにぶつかる確率が高いので、あちらこちらに光が散らばりやすいということになります。空が青く見えるのは、波長の短い青い光が空いっぱいに散らばっているからです。

太陽光の波長

太陽の光は白っぽくみえますが、実は赤い光から青い光までいろんな色の光がまじっているのです。つまり太陽光の中でも波長が違うのです。

空が青く見える理由(太陽光がチリにぶつかるから)

1)太陽光が空気層に突入します。空気層の中には沢山のチリが浮遊しています。 2)波長の短い青い光はチリにぶつかりやすいので、光があちこちに散らばってしまいます。
一方、波長の長い赤い光はチリの間をス~イスイとすり抜けます。
3)青い光が空の上であちこち散らばっているので,遠くから見ている私達には空が青く見えます。

夕焼けが赤いのはなぜでしょう

いままで青かった空が夕方に赤く見えるのはどうしてでしょうか。これは、太陽光の空気層を通る距離に関係があります。太陽は沈むにつれて、太陽の位置が私達の真上から横に移動します。そうすると、太陽光の空気層を通る距離は、真上に比べて横の方が距離が長い為、いままでチリの間をすり抜けてきた波長の長い赤い光も、チリにぶつかり散らばり始めます。青い光は波長が短い為、遠くまで光は届かず、私達には赤い光のみが散らばった空が目にうつるので、夕焼けの空が赤く見えるのです。



以上のように、夕焼けが赤く見えるのは、厚い空気の層を通っても長い波長の光は、散乱されにくくて 遠くまで伝わる性質があるからです。光通信でも光ファイバーの中での散乱を少なく遠くまで伝わるように 、少し波長の長い光を使っています。