このページの本文へ移動

富士通エフ・アイ・ピー

Japan

  1. ホーム >
  2. 製品 & サービス >
  3. ライフサイエンスソリューション >
  4. 安全性情報管理システム「tsClinical パーシヴAce/PV」

安全性情報管理システム
FUJITSU ライフサイエンスソリューション tsClinical パーシヴAce/PV(ティーエスクリニカル パーシヴエースピーヴイ)

特長 | システム概要図 | 機能 | 画面例 | 動作環境

tsClinical パーシヴAce/PVは医薬品安全性情報の収集から報告、保管までの一元管理を実現します。
各種機能により、安全性情報管理業務の規制を遵守(GVP)、業務効率化を強力サポートします。

特長

  • 作業ナビゲーション機能で優先作業にすぐに着手可能
  • 作期限管理やワークフロー管理でお客様SOPの確実な実行支援が可能
  • 入力支援機能やチェック機能が充実
  • ER/ES、21 CFR Part11に対応、E2BR対応(注1)、シグナル検出対応(注1)

    (注1)当局の動向に合わせて今後検討する予定

商品体系

基本システム    安全性情報管理システム
オプションシステム
  • ICSR自動受信
  • 連絡票取込
  • 文献前処理
  • 情報活用
  • 症例ドキュメント管理
  • tsClinical PostMaNet連携

システム概要図

【クライアントPC:Windows Vista,7対応】(いずれのOSも32bit版のみ対応)

システム概要図

機能

基本機能

安全性情報管理 症例情報・評価情報・報告情報の入力、更新、検索など
当局(PMDA)報告書類作成 副作用・感染症報告、安全性定期報告など
各種帳票作成 各種管理票、評価票(症例・文献研究・外国措置)作成など
ワークフロー管理 報告先ごとに設定された調査・諮問を含めたワークフローでの業務管理
期限管理、タスク管理 作業状態(入力、評価、報告)管理、報告期限管理
tsClinical パーシヴAce/PV間のデータ連携 提携企業間におけるデータ授受など
利用者権限管理 利用者ごとにアクセス可能な品目、症例、機能を制限
監査証跡 操作記録情報・更新履歴情報の取得、参照

オプション機能

ICSR自動受信 ICSR(個別症例安全性報告)の自動受信(バッチ処理)
連絡票取込 企業ごとのMRデータの連携
文献前処理 書誌データの一括取込
情報活用 症例の最新情報抽出、MedDRA自動洗替
症例ドキュメント管理 保管ドキュメントのデータバリデーション
tsClinical PostMaNet連携 調査票データの連携

画面例


動作環境

  サーバ クライアント(PC)
OS DB(データベース)サーバ:
Windows Server 2003 R2
Windows Server 2008 R2 Enterprise

AP(アプリケーション)サーバ:
Windows Server 2003 R2
Windows Server 2008 Enterprise(32bitのみ)
Windows Server 2008 R2
Windows Vista Bisuiness(32bitのみ)
Windows 7 Professional(32bit/64bit)
Windows 8 Professional(32bit/64bit)
CPU Xeon 3.33GB以上 Pentium4 3.40GHz以上
メモリ 4GB以上 2GB以上
HDD 150GB以上の空きおよびRAID5以上 80GB以上の空き
必須ソフト Oracle10g
Oracle10g R2
Oracle11g R2
(いずれもStandard Edition)
Microsoft Office 2007 Professional
Microsoft Office Professional Plus 2010

標準販売価格

システム名 標準販売価格
tsClinical パーシヴAce/PV 基本システム 本体価格 詳細はお問合せ下さい
導入費用
オプションシステム オプション価格
導入費用

富士通グループは、グリーンITによりお客様・社会の環境負荷低減に貢献します。
tsClinical パーシヴAce/PVは、富士通の「環境配慮ソリューション」登録製品です。