このページの本文へ移動

富士通エフ・アイ・ピー

Japan

  1. ホーム >
  2. 製品 & サービス >
  3. 土木・住宅ソリューション >
  4. 土木設計計算 >
  5. 圧密沈下計算システム「DECALTO」

FCENAシリーズ

圧密沈下計算システム「DECALTO(デカルト)」

特長 | 機能 | 画面例 | 動作環境 | お客様サポート | 価格 | カタログ | 関連情報

粘性層・砂質層・泥炭層の圧密沈下計算をサポートするWindows版設計システムです。
Δe法・Mv法・Cc法の多種の計算機能を網羅するとともに、わかりやすい操作性と自由度の高い出力機能により、高品質で効率的な設計が可能です。

特長

  • 施工に即した沈下計算
    • 盛土載荷施工時の沈下形状から、載荷する盛土形状、および載荷重を自動計算
    • 時間-沈下曲線の作成方法は、”平行移動法”と”重ね合わせ法”を選択
    • 層厚換算法は、”平均圧密度法”と”土層別圧密度法”を選択
    • 促進工法で、Barron式、Yoshikuni式、Hansbo式、Onoue式を選択
    • 任意の指定日から促進工法を設定
    • 施工日は暦日の指定も考慮でき実際の施工日の入力が可能
  • 便利な計算機能
    • 任意の地中増加応力の計算(任意の地層で建物荷重をある分散角で拡大した地中増加応力として計算)
    • 換算層および各層の両面排水、片面排水(上面排水、下面排水)の選択
    • 水位面以下の盛土に作用する浮力による沈下量の減少を考慮
    • 設定した許容残留沈下量と計算による最終沈下量を比較・判定(性能照査表示に対応)
    • 地下水位低下工法(消失した浮力分を下向きの荷重として載荷)への対応
    • 原地盤の床掘りによるリバウンド/埋戻し土層の増加応力による沈下計算が可能
  • さまざまな連携機能
    • 斜面安定計算システム(COSTANA)へ沈下前形状、沈下後形状、圧密度、荷重を連携
    • 汎用CADデータ連携から、地層節点・水位線を生成
    • 旧バージョンデータの生成(V12.1-V12.2、V13.1-V13.3、V14.1-V14.3)
  • 計算結果を自由に編集(ReportBuider)
    • イメージや文字、CAD図面の貼り付けやレイアウト変更など、出力図面を自由に編集
    • 再度計算時、編集したレイアウトに従い結果図が作成
    • 編集した図面はテンプレート化してメンバー間で共有

機能

計算条件 粘土層におけるΔe法、Mv法、Cc法、即時沈下、側方変位、二次圧密、泥炭層での沈下計算
地下水位低下工法(消失した浮力分を下向きの荷重として載荷)への対応
原地盤の床掘りによるリバウンド/埋戻し土層の増加応力による沈下計算
粘性土の即時沈下量の計算方法として”設計要領第一集”、”柔構造樋門設計の手引き”を採用
荷重条件 Boussinesqによる任意荷重、圧密先行荷重の増加量、盛土荷重の載荷距離の切り替え可能
荷重除去 盛土・任意荷重の除去指定可、荷重除去によるバウンド量の算出可
真空載荷圧の段階載荷と除去に対応
盛土、土層形状 任意形状、腹付け盛土の設定可、任意の水位線形状を設定可、土層の掘削(床堀)に対応
促進工法 サンドドレーン、サンドコンパクションパイル、パックドレーン、ペーパードレーン
曲線登録 e-logP曲線、logMv-logP曲線、logCv-logP曲線など
その他の計算機能 国土技術研究センター『柔構造樋門設計の手引き』の軟弱地盤における側方変位を考慮
日本港湾協会『港湾の施設の技術上の基準・同解説(2007年)』の二次圧密計算機能
計画盛土高計算で沈下後の天端高さを予測、複数ケースを一度に計算して比較検討
サンドマット上の車両通行によるせん断破壊判定
出力機能 e-logP曲線、logMv-logP曲線、logCv-logP曲線、盛土高と沈下量の関係図
推定盛土断面図、側方変位図、時間-沈下曲線図、時間-圧縮度曲線図
時間変化データ一覧、報告書出力、CSV出力
結果編集機能
(ReportBuilder)
作成した報告書を Word文書に変換(Microsoft Word 2007、2010が必要)
解析結果図のスケール統一(各点で出力する結果の最大値を統一)

画面例

最上段盛土載荷直後結果図

最上段盛土載荷直後結果図

拡大イメージ

時間−沈下曲線と一覧表

時間−沈下曲線と一覧表

拡大イメージ


動作環境

ハードウェア Windows Vista、Windows 7、Windows 8が稼動するパソコン
出力装置 Windowsドライバが提供されているプリンタ/プロッタ
適応OS Windows Vista、Windows 7、Windows 8
メモリ Windows Vista 1GB以上
Windows 7、8 2GB以上

お客様サポート

有償サポートについて

  1. レベルアップ製品のご提供
    • レベルアップ製品のご提供(操作性改善、一部機能アップ等のご提供)
  2. Q&Aサポート
    • Q&Aへのレスポンスレベルについては、受付から30分以内を目処に第一報をご連絡させていただきます。
  3. サポート時間について
    • 9時30分〜17時(平日)(土日・祝日・年末年始等の弊社休業日は時間外とさせていただきます。)

価格

システム名 標準販売価格(税別)
DECALTO 日本語版
  サポート費(初年度)
  サポート費(次年度以降)
300,000円     
45,000円/年
30,000円/年
DECALTO 英語版
  サポート費(初年度)
  サポート費(次年度以降)
300,000円     
45,000円/年
30,000円/年
DECALTO 日英統合版
  サポート費(初年度)
  サポート費(次年度以降)
400,000円     
60,000円/年
40,000円/年

カタログ

PDF 圧密沈下計算システム「DECALTO」 [542KB]

PDFのリンク先をご覧になるには、アドビシステム社の Adobe® Reader™ (無償)が必要です。
Adobe® Reader™をインストールすることにより、PDFファイルの表示・印刷が可能になります。

>> Adobe® Reader™ ダウンロードページへ

関連情報

【ユーザー専用ページ】



富士通グループは、グリーンITによりお客様・社会の環境負荷低減に貢献します。
DECALTOは、富士通の「環境配慮ソリューション」登録製品です。