すべての方向け研究活動

現行仕様踏襲を前提としたシステム再構築
における現行調査手法の研究

写真

現行仕様踏襲を含むリビルド(再構築)を成功させるには、従来のV字型プロセスにプログラムからの現行仕様調査を加えたN字型開発プロセスが有効であることを導き出した。さらに、システム資産と業務文書を突合し、有識者・ユーザーが不足している状況においても現行仕様を調査できるプロセスを確立した。

アブストラクト(概要)をご覧いただけます。

分科会テーマの推移

  • 活動内容
  • 研究活動
  • 研究分科会
  • 短期分科会
  • マネジメントフォーラム
  • 情報共有・情報入手
  • 総合発表会
  • 短期研究分科会成果報告会
  • LS研ICT白書(情報化調査)
  • LS研セミナー
  • マネジメンツ交流会
  • マネージャーズ交流会
  • 富士通への影響力
  • ジョイントフォーラム
  • 過去イベント
  • リーダーズ交流会
  • ミニジョイントフォーラム


  • 共催
  • ダイバーシティフォーラム