このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. 企業情報 >
  3. 富士通キッズ >
  4. パソコンの3R(スリーアール) >
  5. パソコンのリデュース Reduce

パソコンのリデュース Reduce

これまで使っていハードディスクドライブを、さらに小さく設計(せっけい)しました

部品を小さくしています

はじめから資源(しげん)の量をへらすために、ハードディスクなど、パソコンの中に入っている部品を小さく設計(せっけい)しています。

部品が小さくなって、パソコンも軽いねー


部品の数をへらしています

ネジなどの小さな部品もへらす努力をしています。

部品がへったおかげで、使う資源(しげん)の量もへり、また分解(ぶんかい)しやすくなりました。

なるほどー

パソコンに使うネジの数はたったの9本

設計(せっけい)シミュレーターの画面富士通(ふじつう)ではパソコンを設計(せっけい)するときに設計(せっけい)シミュレーターを使って、使う資源(しげん)を少なくする工夫や、使い終わった後のことを考えて、分解(ぶんかい)しやすく設計(せっけい)しているんだよ。
設計(せっけい)シミュレーターの映像(えいぞう)(新しいウィンドウが開きます)


みんなもできる! リデュース

パソコンのリサイクルパソコンの3R(スリーアール) トップページへもどるパソコンのリユース