このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. 企業情報 >
  3. 富士通キッズ >
  4. みんなで守ろう!世界の自然 >
  5. 熱帯雨林を取りもどそう!

マレーシア ボルネオ島 熱帯雨林のはかい 熱帯雨林を取りもどそう! 生き物のすみやすい環境(かんきょう)を目指して。

もどるトップへ

左の写真は、マレーシアのボルネオ島で植林をする日本人学校のお友達です。

富士通(ふじつう)では、熱帯雨林を再生(さいせい)するため、マレーシアのボルネオ島で、植林活動を行っています。

マレーシアのお友達が木を植えているみたい!

ボルネオ島の地図(サバ州の位置)

ボルネオ島・サバ州の熱帯雨林

マレーシアのボルネオ島のサバ州の熱帯雨林は、木材としてばっさいされ、1990年代にはすっかりはげ山になってしまいました。

そのとき、マレーシア政府(せいふ)は、成長の早いオーストラリアの木(アカシア・マンギウム)を植林しました。今では、この木が青青としげっています。

しかし、この木はボルネオ島の木ではないので、もともとすんでいた生き物がすみにくい環境(かんきょう)になってしまいました。

熱帯雨林を取りもどそう

そこで、富士通(ふじつう)では、熱帯雨林を再生(さいせい)するため、2002年からサバ州で植林活動を行っています。植えているのは、ボルネオ島の熱帯雨林の木(フタバガキ)のなえ木です。

植林活動には、日本やマレーシアの富士通グループの社員や家族だけでなく、マレーシアの日本人学校のみなさんもいっしょに参加しています。

植林活動のせつめい図


育ちつつある熱帯雨林

2002年から2006年までの間に、150haの広さに37,500本のフタバガキを植えました。

最初に植えた50cmほどのなえ木は、今では8mの高さまで育っています。

以前、鳥の声は2種類しか聞こえませんでしたが、最近では、5種類にふえてきました。また、サルも姿(すがた)を見せるようになりました。

なえ木と育った木の写真

いろいろな生き物がくらす熱帯雨林を目指して

フタバガキのなえ木が、成木になるには、40年以上かかると言われています。きちんと育てていくためには、下草がり、じょばつ、かんばつなどの手入れが必要です。また、さらに動植物がすみやすくするために、多くの場所に植林を行い、そこを行き来できる環境(かんきょう)を作ることも考えています。

いつかきっと、オランウータンやボルネオゾウがすむ熱帯雨林を再生(さいせい)できるといいですね。

富士通(ふじつう)エコ・フォレストパーク

植林した場所は「富士通(ふじつう)エコ・フォレストパーク」として、植林体験や原生林の見学などエコツアーが開さいされています。

また、現地(げんち)の大学や学校に、林業や生態学(せいたいがく)などの研究の場として活用してもらっています。

環境(かんきょう)活動では、地域の人人の生活も考えることが大切だね。


まとめ

みんなにできること!くらしの中で救える熱帯雨林

わたしたちの身のまわりにあるせんざい、食料、家具などには、パーム油や熱帯雨林の木材を使っているものがたくさんあります。

わたしたちが、くらしの中で「ものを大切に使う」ことで、熱帯雨林を守り、オランウータンやボルネオゾウをぜつめつから救うこともできるのです。


もっと知りたい!

もっと調べて、みんなに教えてあげよう!


前のページへ