このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. 企業情報 >
  3. 富士通キッズ >
  4. みんなで守ろう!世界の自然 >
  5. 熱帯雨林がはかいされるとどうなるの?

マレーシア ボルネオ島 熱帯雨林のはかい 熱帯雨林がはかいされるとどうなるの?

もどるトップへすすむ

熱帯雨林がはかいされると、地球の温暖化(おんだんか)がすすんだり、生物多様性(せいぶつたようせい)がなくなったりすると言われています。このページで、くわしく見てみましょう。

地球の温暖化(おんだんか)がすすむ

植物は、空気中の二酸化炭素(にさんかたんそ)をすって、炭素(たんそ)としてたくわえます。

熱帯雨林が炭素(たんそ)をたくわえる量は、日本のスギ林の2倍以上と言われています。10,000m2のスギ林は170t(トン)の炭素(たんそ)をたくわえますが、熱帯雨林は400t(トン)たくわえると言われています。

この熱帯雨林がはかいされると、たくわえていた炭素(たんそ)が、二酸化炭素(にさんかたんそ)になってしまい、地球の温暖化(おんだんか)が進んでしまいます。

生物多様性(せいぶつたようせい)がなくなる

生物多様性(せいぶつたようせい)

地球上には、わたしたち人間をふくめて500万種以上の生き物がすんでいます。生き物は、海や森林など、それぞれの環境(かんきょう)で、 たがいに関係しあって生きています。

このように、多くの生き物が関係しあって生きている環境(かんきょう)全体を生態系(せいたいけい)と言います。

そして、さまざま生態系(せいたいけい)があり、その中で、さまざまな生き物が生きていることを、「生物多様性(せいぶつたようせい)」と言います。

もっとくわしく「生物多様性(せいぶつたようせい)」とは?  新しいウィンドウで表示します

種のぜつめつ

今、これらの生き物は、次次とぜつめつしていっています。ぜつめつしていく生き物の数は、1960年までは1年に1種でしたが、 1975年からは1年に4万種と言われています。

このぜつめつの半分以上が、熱帯雨林で起きており、熱帯雨林のはかいが大きな原因(げんいん)と考えられています。

種のぜつめつの図


オランウータン

マレー語で「森の人」と呼ばれています。ボルネオ島のオランウータンは、1900年には18万頭いましたが、2006年には4万頭になってしまいました。 熱帯雨林のはかいにより、すむ場所が少なくなったことが、原因(げんいん)の1つと言われています。

オランウータンの写真


ボルネオゾウ

ボルネオゾウは、熱帯雨林のおく深くにすんでいました。しかし、すむ場所が少なくなったため、食料を求めて人里にあらわれるようになりました。里の人にめいわくがかかるため、じゅうでうたれたり、つかまえられたりしています。

ボルネオゾウの写真


生物多様性条約(せいぶつたようせいじょうやく)

「生物多様性(せいぶつたようせい)」とは?(新しいウィンドウで表示します)

1992年にリオの地球サミットで「生物多様性条約(せいぶつたようせいじょうやく)」が結ばれました。 この条約(じょうやく)では、生物の多様性(たようせい)を守ること、遺伝子資源(いでんししげん)を守り、みんなで平等に使うことが約束されました。 1993年に、日本もこの条約(じょうやく)に参加しました。

世界中で、みんなの目標として取り組んでいるんだよ!
おさらい
  • 熱帯雨林がはかいされると、何が起こるかわかったかな?
  • 日本のぜつめつ動物を、調べてみよう!

「熱帯雨林を取りもどそう!」
  • 木を植える活動が大切らしいよ。
  • でも、ただ植えるだけではダメなんだって。

次のページで、ボルネオ島での取り組みを見てみよう!

次を見てみよう!
前のページへ 次のページへ