生物多様性(せいぶつたようせい)とは?

「多様性(たようせい)」とは、種類が多く、豊(ゆた)かなことです。

つまり、「生物多様性(せいぶつたようせい)」とは、地球上の生き物の種類が多く、生き物のすむ環境(かんきょう)が豊(ゆた)かなことです。

そして、「生物多様性(せいぶつたようせい)」は、以下の3つをふくみます。

生態系(せいたいけい)の多様性(たようせい)

生き物がたがいに関係しあって生きている環境(かんきょう)を「生態系(せいたいけい)」と言います。

海、森林、湖やぬまなど、さまざまな生態系(せいたいけい)があることを、「生態系(せいたいけい)の多様性(たようせい)」と言います。

種の多様性(たようせい)

サル、ゾウ、ヤシの木、カブトムシなど、さまざまな動物や植物が生きていることを、「種の多様性(たようせい)」と言います。

遺伝子(いでんし)の多様性(たようせい

みなさんのお友達は、みな同じ人間ですが、それぞれちがっています。

このように、同じ種類の生き物でも、それぞれがちがっていることを、「遺伝子(いでんし)の多様性(たようせい)」と言います。

生物多様性(せいぶつたようせい)の図

印刷 閉じる