このページの本文へ移動

イベントレポート 作品紹介

作品紹介 イベントレポート 会場の様子

作品の写真

スーパーエブリシングコンピュータ

「エブリシング」とは、なんでもという意味で、ゲームもでき、みなよろこぶことしかないコンピュータです。
スパコンと同じぐらいのはやさで調べられて、動物の考えもわかり、つかいやすく、あのドラエモンでもおどろくアイテムです。

作品の写真

体験型ショミレーション「立体III(スリー)」

プラネタリウムみたいに、自分のへやでさいがいのとき、にげるほうほうを体験できます。
ほかにも、たびしたり、たたかいをしたりするゲームもできます。
コントローラーが、ゲームにつかうどうぐになっているので、スリルがある。

作品の写真

見つからないものを見つけるそうち

一回スキャンして、とうろくした物をなくしたときに入力または、せんたくすると、地図などで表示してくれる。

作品の写真

人がいなくてもうごくでんしゃ

うんてんしゅがいなくても、駅から駅までじこなくあんぜんに、いけます。
なんぶせんだけでなく、ほかのでんしゃにも、つかいたいです。

作品の写真

選手専用通信機

外国語が分からないファンも日本語に機械が直してくれてお話ができる。
スポーツ選手は うでにつけられカメラもついているのでファンは顔を見れる。

作品の写真

言葉で言えば計算してくれる計算機

作品の写真

絵をかけば作りたい物が作れる

ノートやスマートフォンなどに絵を書くと食材やカロリーを計算したり、食材を教えてくれる。
目が不自ゆうな人も音で、何なのかカロリーを教えてくれる、音声システム。

作品の写真

感情再現パソコン

話し方と脳波で感情をわかりやすく映像で出せるといいと思います。

作品の写真

ムダ無し時計

小型カメラがなやんでいる自分を感知したりして、時計から動画などがうき出てきます。
最後の文では、とどめの1言が出てきます。
もし面どうくさくなければ、のうはを感知して、なやんでいる理由などをもとにムダ使いを教えてくれる。(のうはを感知するような小型機器を耳の裏につけとく)

作品の写真

わすれもの発けんライト

かい中電とうが わすれているものを うつしてくれる。

作品の写真

夢 復元マシーン

見た夢を録画することができて えいぞうで見れてほぞんできる。
今までに録画した夢をもう一回見ることができる。

作品の写真

きおく映ぞう化装置

かたについているコンピュータが、自動的に覚えたいことをすべてメモってくれて、思い出したい時は思い出したいことを目の前に映し出してくれる。
コンピュータが思い出したそうなことを自動で計算し、こうほを映し出してくれる。
他人には見えない。

作品紹介 イベントレポート 会場の様子