このページの本文へ移動

「富士通キッズイベント2007 夢をかたちにしてみよう!」イベントレポート

富士通の子ども向けサイト「富士通キッズ:夢をかたちに」(注1)の活動主旨である、「子ども達に技術のすばらしさを伝えたい」をテーマに、夏休み子どもイベントとして、富士通キッズイベント2007「夢をかたちにしてみよう!」を開催いたしました。

緑あふれる自然豊かな富士通川崎工場で、地球環境のことをみんなで考え、私達の生活を豊かにする技術の楽しさ・面白さを体験し、みんなの未来の夢をアートで「かたち」にしてみました。

第1部: 環境3Rおじさんとパソコンを分解してみよう!

省エネ、省資源へ取り組むためのキーワードである、3R(Reduce, Reuse, Recycle)を中心に、3Rおじさんと一緒にパソコンを分解し、パソコンの環境への取組みを知ることにより、普段の生活の中で自分たちにできる環境活動は何かを学びました。

環境3Rおじさんの話しに聞き入る子どもたち

ジャグリングと手品を交えた演出で3Rを分かりやすく説明

パソコンの3Rについてパソコンを分解しながらお勉強


パソコンの3R
富士通の環境への取組みを紹介しています。

第2部: 富士通の技術・歴史について楽しく学ぼう!

富士通川崎工場にある技術展示室(富士通テクノロジーホール)を見学しながら、技術のしくみ、技術の歴史について楽しく学びました。

今でも動くリレー式自動計算機に子どもたちは大興奮

海底ケーブルに興味深々

説明員のお姉さんの話しを熱心に聞く子供たち


ユメカタ研究室
テクノロジーホールに展示されている技術の一部を紹介しています。

第3部: 未来の夢をかたちにしてみよう!

株式会社ロフトワークの「クリエイティブ・チルドレン・プロジェクト」(注2)と共同でワークショップを実施しました。第1部・2部で学んだ内容を基に、みんなが思い描く未来について、クリエーターのお兄さん、お姉さんとカラフルな粘土や、絵の具を使って実際にアートで表現しました。

「粘土で作る未来のロボット」に挑戦する親子の様子

携帯電話のモックに紙粘土をくっつけてスーパーロボット完成

クリエイターのお姉さんも子どもたちの創造力にびっくり


「パソコンパーツに描くみんなの未来」に挑戦する子どもたちの様子

こちらのお友達は古新聞を切りぬいてコラージュ作品に挑戦

キャンバスはノートPCの天板。パレットはキーボード


完成作品

粘土で作る未来のロボット

パソコンパーツに描くみんなの未来


作品をもっと見る

修了証

ワークショップを受講した後は、お友達みんなでスタンプ集めを楽しんでいました。

各ワークショップ終了後に、スタンプをゲット

3つのスタンプが集まった修了証


みんなの声(感想)

  • 使用ずみのパソコンが、そのあとどのように再利用されるのか、とても興味深かったです。
  • デスクトップの本体はどうなっているのかと思っていたのでワクワクしました。結果がわかったときおもしろいなぁーとおもった。
  • 未来の地球のために3Rは大切だと思いました。
  • インターネットは光だから電線でつながってるのかと思ってました。海外へは海の中でつながっている事を知り、勉強になりました。
  • ユビウオールが早く普及して僕の町にもあれば良いと思った。
  • セルフレジがやってみたいと思いました。
  • PCの部品に絵を書くなんてたのしい。
  • 色々なことを創造するのが楽しかった。

午後1回目に参加してくれたお友達

午後2回目に参加してくれたお友達

イベントグッズ

Tシャツとエコバックの写真イベント当日、来場したお友だちにはこんなかわいらしいオリジナルイベントグッズが配られました。


注釈

注1:「富士通キッズ:夢をかたちに
富士通の子ども向け情報発信サイト。2007年3月2日オープン。

注2:「クリエイティブ・チルドレン・プロジェクト」
株式会社ロフトワークが2006年8月より開催している子どもの創造性を支援・刺激するワークショップ。

富士通キッズ トップページへもどる