このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. 企業情報 >
  3. 富士通キッズ >
  4. コンピュータと情報のしくみ >
  5. キミにもできる!カードの手品(パリティ) その2

キミにもできる!カードの手品(パリティ)

手品のタネ明かし!

カードを当てるための手品のタネがどこにあるかわかったかな?

じつはカードを付け加えるところで、ある決まりにしたがって、黒いカードの数をかぞえながら付け加えていたんだよ。

カードを付け加えるときの決まり

黒いカードの数が2の段(だん)の数になるように、カードを加える


2の段(だん)の数って?

「2の段(だん)の数」とは、246などの、2の段(だん)のかけ算のこたえになる数字だよ。
(2、4、6はそれぞれ、2×1、2×2、2×3のこたえだね。)
また、2×0の答えは0だから、0も2の段(だん)の数になるんだよ。


右がわにカードを付け加える方法

よこ1行ずつ、黒いカードの数をかぞえて、カードを加えていくんだよ。

黒いカードは最初3まいだね

黒いカードが3まいのとき

3は2の段(だん)の数じゃないね。

だから、黒いカードを加えて、ぜんぶで4まいにして2の段(だん)の数にするんだ。

黒いカードが2の段(だん)の数になったわ!



黒いカードが2まいのとき

黒いカードは2まいで、初めから2の段(だん)の数になっているからこれ以上黒はいらないね。

だから、今度は白いカードを加えるんだ。


チャレンジ1

下のカードのならびの右がわに、決まりにしたがってカードを加えてみよう。
手品で使うカードを印刷した人は、それを使うとやりやすいよ。

印刷用PDF こたえ(新しいウィンドウが開きます)


下がわにカードを付け加える方法

黒いカードが1まいのとき

決まりは右がわにカードを加えるときと同じだよ。

1は2の段(だん)の数じゃないから、黒いカードを加えるんだね。

向きはちがうけど、よこにならんでる時と同じなんだね。



黒いカードが4まいのとき

4は2の段(だん)の数だね。これ以上黒いカードはいらないから、白のカードを加えるんだよ。


チャレンジ2

今度はたてにならんだカードの下がわに、カードを加えてみよう。
決まりの通りに加えられるかな?

印刷用PDF

こたえ(新しいウィンドウが開きます)



決まりを使ってじっさいにカードを付け加えてみよう

カードを加える決まりがわかったら、ならべてもらったカードにじっさいにカードを付け加えてみよう。

ステップ1 - 右がわに加える

まずは右がわに加えるんだよ。黒のカードの数が2の段(だん)の数になるように、1行ずつ加えていくんだったね。

ステップ2 - 下がわに加える

右がわに加えたら、今度は下がわだよ。加え方は右がわに加えるときと同じだったね。1列ずつ加えるんだよ。

しかけたタネを使って、うらがえしたカードを当てよう

右がわと下がわにカードを加えたら、手品と同じように1まいだけカードをうらがえしてみるよ。
どのカードをうらがえしたか、いっしょに当ててみよう。

カードを一まいだけうらがえしたよ!


ステップ1 - よこの黒いカードをかぞえる

黒いカードは上から 4、2、4、6、3、4まい

カードを当てるには、さっきカードを加えた時と同じように、黒いカードの数を数えていけばいいんだ。

まずはよこの黒いカードの数を1行ずつかぞえてみよう。

数えていくと、1行だけ2の段(だん)の数になっていないところがあるね。
どうやらここがあやしいぞ。


ステップ2 - たての黒いカードをかぞえる

黒いカードは左から 2、2、5、4、4、4まい

次にたての黒いカードもかぞえてみよう。

たての場合も2の段(だん)の数にならないところがあるね。

黒いカードが2の段(だん)の数になるようにカードを加えたはずなのにな・・・


ステップ3 - 2の段(だん)の数じゃないところをあわせて見る

うらがえしたカードは2の段(だん)の数じゃなくなった行と列が交わるところにある

2の段(だん)の数じゃなくなったところをあわせて見てみよう。
そのたてとよこが交わる場所のカードがうらがえしたカードだよ!

カードを1まいうらがえすと、そのカードのたてとよこの黒いカードの数が2の段(だん)の数じゃなくなるんだね。

これを知っていれば、カードをうらがえしたのを見ていなくても、すぐにうらがえしたカードを当てることができるんだよ!


加えたカードがうらがえしたカードを見つけるためのしるしなんだね!すごーい!

コンピュータがまちがいを見つけるためのしくみ コンピュータはデータを記録するときに、カードと同じように、まちがいを見つけるための目印となる情報(じょうほう)を付け加えているんだ。このように、コンピュータがまちがいを見つけるために付けられた情報(じょうほう)のことを『パリティ』と言うんだよ。


クイズ パリティを使ったクイズにちょうせん!

『怪盗(かいとう)エックス』登場!暗号を解いて何をぬすむのかつきとめよう!

ある日突然、『怪盗(かいとう)エックス』と名乗る人物から、なぞの手紙がとどいた!
手紙には暗号が書かれていて、何かをぬすみに来るみたいだけど・・・。怪盗(かいとう)エックスがねらっている物は一体なんだろう!?みんなもいっしょに考えて、怪盗(かいとう)エックスの計画をとめよう!

ヒント

1. 1~7の暗号の黒い四角には必ず、2の段(だん)の数になっていない行と列がある。

2. 「暗号をとくカギ」の四角は、1~7それぞれの暗号の、四角に当てはまる。

怪盗(かいとう)エックスの計画を止めなくちゃ!

印刷用PDF

こたえ(新しいウィンドウが開きます)



安心して使えるコンピュータ コンピュータは、このようなしくみを使ってデータのまちがいを見つけることができるから、安心してたくさんのデータを記録させることができるんだ。身近なところでは、お店で買い物をするときに見るバーコードにも、このようなしくみが使われていて、機械がバーコードを読みまちえると「ピーッ」と音が鳴って知らせてくれるんだ。コンピュータのしくみは、みんなの生活でも役に立っているんだね。

手品のやり方を見る

コンピュータと情報のしくみ トップページへもどる